お鼻の整形

鼻は顔の中心にあり、お顔のイメージを左右する重要なパーツです。鼻の手術は当院が最も得意とする手術の一つです。安心してお任せください。特に鼻先の軟骨を操作してだんご鼻を細くとがらせる鼻先整形法(コンプリートリダクション法、3D法)や小鼻の張り出しを小さくする小鼻縮小術、上を向いた鼻を下に下げる鼻中隔延長術、太い鼻筋をすっきり細くする鼻骨幅寄せ術、そして鼻の穴の縁を下げる鼻孔縁修正術は当院の誇る手術でたいへん好評です。また各種鼻手術を組み合わせて行うコンビネーション手術もご用意しております。

鼻先の整形(だんご鼻)

当院ではだんご鼻の修正に次の3つの方法をご用意しております。

A.コンプリートリダクション法

だんご鼻を修正し、鼻先を細くとがらせます。従来から鼻先の軟骨を糸で組上げるだけの方法や耳の軟骨を鼻先に移植するといった方法はよくおこなわれていましたが、効果が十分でないこともありました。また、最近では鼻にトゲの付いた糸を通すだけのプチ整形が登場しておりますが、効果が一時的であり、持続的な効果は望めません。これに対して当院のコンプリートリダクション法は完成度が非常に高く、効果的であってなおかつ仕上がりがとても自然できれいという特徴があり、自信をもっておすすめできる最善の方法です。
具体的には次の4行程によって行います。

コンプリートリダクション法の手順

  1. 鼻先の余分な皮下脂肪の除去
  2. 鼻先の軟骨の部分切除
  3. 鼻先の軟骨の組上げ
  4. 切除した軟骨の鼻先への移植

こうすることで鼻先を細く小さく尖らせます。基本的にはクローズ法(鼻の中だけの切開)の手術となりますので傷跡は鼻の中に隠れ、外からは見えません。また修正の度合いは患者様のご希望に応じて調節が可能です。なお当院の術式では鼻先の軟骨の内部構造の改変は必要最小限にとどめ無理のない方法で行いますので仕上がりがとても自然です。

B. 耳介軟骨移植法

鼻先の軟骨はそのままに、耳の軟骨を採取して鼻先に移植することで鼻先を細くとがらせます。基本的には鼻先の軟骨が小さく、コンプリートリダクション法では十分な効果が出せないと判断した場合に実施します。また、コンプリートリダクション法と同時に行う場合もあります。

C.3D鼻尖縮小法

鼻先の軟骨を途中で切断し、鼻の中の軟骨の構造を全面的に作り変えてしまう方法です。
通常のコンプリートリダクション法では効果が望めない場合などの選択となります。

鼻先の整形(鼻先を上・下に向ける)

鼻先整形のバリエーションとして、鼻先を上に向けたり、下に向けたりすることも可能です。

A.鼻先を上に向ける

だんご鼻の手術と同時に鼻先を上に向ける場合には移植軟骨をやや上方に移植したり、鼻中隔軟骨の一部を削ったりします。

B.鼻先を下に向ける

鼻先を下に向けたい度合いが軽度であれば、移植軟骨(鼻先の軟骨や耳の軟骨)をやや下方に移植することで調整が可能です。鼻先を下に向けたい度合いが中等度以上の場合には鼻中隔延長術が必要となります。

鼻中隔延長術

上を向いた鼻(ぶた鼻)の修正には鼻中隔延長術が最適です。

上を向いた鼻の修正方法としては上向きの度合いが軽度であれば鼻先の軟骨の一部や耳の軟骨の一部を鼻先下方に移植することで改善が可能ですが、上向きの度合いが中等度以上の場合には鼻の中にある鼻中隔軟骨と呼ばれる軟骨を延長する必要があります。具体的には鼻中隔軟骨の先端にほかの軟骨を縫い付けて延長し、鼻先を下方に押し出します。

鼻中隔の延長に使用する軟骨は鼻中隔自体の奥の方の一部分や耳の軟骨の一部分を採取して使用します。また、手術は確実な手術操作のできるオープン法で行いますが鼻柱の傷跡はたいへんきれいになりますので心配ありません。

また鼻中隔延長術により鼻全体が下を向くことにより、鼻の穴の見え方も改善(見えづらくなる)しますし、また鼻先が細く尖る効果もあります。

当院では確実な効果と自然な仕上がりを目指して手術しておりますので、やりすぎや不自然な仕上がりといった心配がありません。

鼻柱の整形(鼻柱の延長、短縮)

鼻の中央部分の鼻柱も延長したり短縮したりすることが可能です。

A.鼻柱を出す(延長する)

鼻柱内部に鼻中隔軟骨の一部や耳介軟骨の一部を埋め込むことで鼻柱を延長することができます。傷は鼻の中ですので外からは見えません。

B.鼻柱を引っ込める(短縮する)

鼻柱奥の皮膚を切除することで鼻柱を引っ込めることができます。傷は鼻の中ですので外からは見えません。

小鼻縮小

小鼻はその張り出し方に応じて、またどのような小鼻にしたいのかという患者様のご希望に応じて当院では数種類の手術方法をご用意しております。

A.内側法

小鼻の内側からアプローチする方法です。傷跡は外からは見えません。術直後からお化粧が可能です。

B.外側法

小鼻の外側からアプローチします。傷跡は小鼻の付け根にできます。大きく張り出した小鼻修正に適しています。

C.中間法

内側方と外側法のメリットを最大限に活かした方法が中間法です。小鼻の付け根の鼻の中の部分から外の部分にかけて切開しますが、鼻の外の部分の切開はできる限り短く設定しますので傷跡はほとんど目立ちません。それでいて内側法よりも効果的で十分な小鼻縮小が可能です。

D.フラップ法

小鼻の張り出しと同時に小鼻の横幅を改善するのならばこの方法です。切開部位は中間法とほぼ同じですが、中間法では皮膚と皮下組織を切除してしまうのに対してフラップ法では皮膚の深層部分(真皮部分)と皮下組織部分を残し、反対側の皮下まで通して牽引・固定します。こうすることで小鼻は内側に引かれて幅が小さくなります。

E.ループ法

小鼻に糸をかけて内側に牽引・固定することで小鼻の幅を小さくします。

鼻翼拳上術

小鼻の付け根が鼻柱より下がっている鼻にはこの方法です。小鼻を上に拳上することですっきりとした鼻にすることができます。傷跡もほとんど目立ちません。

鼻孔縁修正

切れ上がった鼻孔縁の修正です。具体的には耳から軟骨を採取し、鼻の穴の切れ上がっている部分の裏側に移植します。軟骨と皮膚をセットで移植する方法もありますが当院では軟骨のみを移植するため鼻孔縁の裏側が移植皮膚で盛り上がるようなこともなく、たいへん自然な仕上がりです。

鼻を高くする

鼻を高くする方法には次の3つがあります。

A.プロテーゼ法

シリコン製のプロテーゼを鼻に挿入します。アプローチは鼻の中から行いますので傷跡は外からは見えません。プロテーゼにはL型とI型がありますが近年I型のニーズが高まっておりほとんどの患者様はI型のご希望です。当院では院長がシリコンブロックより患者様お一人おひとりに合わせてプロテーゼを丁寧に削りだして手術に使用いたします(オーダーメイドプロテーゼ)ので仕上がりがとてもきれいで自然です。まわりから気づかれることもありません。

B.軟骨移植法

プロテーゼの使用に抵抗のある方には耳の軟骨を使用した隆鼻術がお勧めです。耳の裏側から耳の軟骨の一部を採取し、移植に適した形状に細工したうえで鼻先や鼻根部に移植します。もともと耳には軟骨が豊富にありますので、一部採取しても型崩れすることはありません。傷跡の心配もありません。

C.ヒアルロン酸・レディエッセ注入法

ヒアルロン酸やレディエッセといった安全なフィラーを鼻に注入して鼻を高くします。

眉間を高くする

眉間を高くする方法には次の2つがあります。

A.ゴアテックス法

心臓外科をはじめ様々な外科分野で使用されているゴアテックスは人体との親和性がよく、眉間を高くするときにはベストな素材といえます。鼻の中から挿入することができますので傷跡は外からは見えません。鼻から眉間にかけて高くする場合にはシリコンプロテーゼとゴアテックスをつなげて使用します。

B.ヒアルロン酸・レディエッセ注入法

ヒアルロン酸やレデリィエッセといった安全なフィラーを眉間に注入して眉間を高くします。

鼻の幅寄せ(骨切り)

鼻骨の広がりのために鼻筋が幅広く見える場合、鼻骨の左右両側を幅寄せすることでほっそりとした鼻筋に整えることができます。手術は鼻の中の外から見えないアプローチから行いますので鼻の表面には傷がつきません。(症例によっては鼻の外側に小さな切開(2mm程度)を設け、そこから骨切りを行うこともありますが傷はほとんどわかりません。)

具体的に鼻の中から鼻骨の外側の立ち上がり部分(外側骨切り)および鼻骨内側部(内側骨切り)の骨切りを行い鼻骨を内側に押し込みます。

また場合によっては鼻先整形や小鼻縮小を同時に行うとより効果的に鼻筋を細くできるケースもあります。

わし鼻、段鼻修正

わし鼻・段鼻の修正には次の2つの方法があります。

A.プロテーゼ法

プロテーゼの中央部分を薄く削りこむことで鼻骨の突出した部分を吸収し、まっすぐな鼻筋にする方法です。この方法では鼻骨はそのままですのでプロテーゼを抜けば元の鼻に戻すこともできます。

B.ハンプ削り(骨削り)

本格的に鼻骨の突出した部分を削ります。必要に応じて鼻骨の幅寄せや鼻先整形を組み合わせることでよりきれいな鼻の形状にすることができます。手術は鼻の中から行いますので傷跡は外からは見えません。(症例によってはオープン法で手術した方がよい場合もあります。この場合は鼻柱を切開しますが傷跡はほとんど目立ちません。)

斜鼻修正

曲がった鼻の修正です。斜鼻には鼻骨が曲がっている骨性斜鼻、鼻の軟骨が曲がっている軟骨性斜鼻、そしてその両方の場合があります。骨性斜鼻の場合には鼻骨骨切りを行い、曲がった鼻骨をまっすぐに整えます。軟骨性斜鼻の場合には曲がった軟骨をいったん分解し、まっすぐな位置に直して固定します。骨性斜鼻の場合には鼻の中からのアプローチ、軟骨性斜鼻の場合にはオープン法にて手術を行います。

人中短縮(リップリフト)

唇から鼻までの距離を縮める手術です。具体的には鼻の付け根の部分の上唇を5mm程度切除し縫合します。傷跡はほとんど目立ちません。

コンビネーション整鼻術

鼻先には鼻尖縮小術(コンプリートリダクション法)あるいは鼻中隔延長術を適用し、鼻背から鼻根部にかけてはI型シリコンプロテーゼを適用することで、鼻の形を理想的に整える方法です。小鼻縮小術を追加することも可能です。また、鼻尖縮小術と鼻骨幅寄せ術を併用してほっそりとした鼻筋にすることも可能です。次の4つの方法があります。

A.鼻尖縮小術(コンプリートリダクション法)プラスI型シリコンプロテーゼ

だんご鼻で鼻の低い方に適した組み合わせです。鼻先についてはコンプリートリダクション法を用いて細くとがらせ、さらにI型シリコンプロテーゼで鼻筋を通します。 

A’.プラス小鼻縮小術

さらに小鼻の広がっている方には小鼻縮小術を併用します。

B. 鼻中隔延長術プラスI型シリコンプロテーゼ

鼻先が上を向いていて鼻の低い方に適した方法です。鼻先については鼻中隔延長術を用いて下向きとし、さらにI型シリコンプロテーゼで鼻筋を通します。

C. AプラスB

だんご鼻で上向き、さらに鼻の低い方に適した方法です。鼻先はコンプリートリダクション法と鼻中隔延長術を用いて細く下向きに、鼻背から鼻根部はI型シリコンプロテーゼで高く鼻筋を通すという方法です。

D. 鼻尖縮小術(コンプリートリダクション法)プラス鼻骨幅寄せ術

鼻の大きい方(だんご鼻で鼻筋も太い)に適した手術方法です。鼻先はコンプリートリダクション法で小さく尖らせ、鼻筋は鼻骨幅寄せ術で細く整えます。

お電話でのご予約・ご相談

診察のご予約、ご相談を受け付けております。
お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。

TEL03-6228-4006 完全予約制 診療時間 
10:00~19:00 不定休
メールカウンセリング・ご予約

メールカウンセリング、カウンセリング予約を
受け付けております。

カウンセリング・ご予約フォーム
お問い合わせ

クリニックや施術についてなどの
ご質問・ご相談を受け付けております。

お問い合わせフォーム